日和の下駄で「ロハスな生活」
ロハスな生活にあこがれる人へ、日和の下駄で集めたタウンスケッチをヒントに「気づき」や「憩う」をテーマにした発信を続けています。
make the world a better place
--/--/--(--) --:--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 Trackback [x] |Comment [x]
 
今日も引き続き、今年(2011年)5月にグランドオープンした「 大阪
ステーションシティ
」から、ノースゲートビルディングのランドス
ケープを紹介していきたいと思います。

前回紹介した「天空の農園」への起終点になる、11階のフロアーに
整備されたおもてなしの空間が、今回紹介する「風の広場」です。
JR大阪駅風の広場01

大阪ステーションシティについて、少しお復習いをすると・・・・・、

この大阪ステーションシティは、もともと大阪駅の南側にあった
アクティ大阪を増築し改称された「サウスゲートビルディング」と、
大阪北ヤードの開発と連動して生まれ変わった「ノースゲート
ビルディング
」、それと、弧を描く大きな片流れの屋根が特徴的
な、この2棟のビルを繋ぐ大阪駅上空の2階建ての人工地盤に
よって構成されています。

11階の「風の広場」では「天空の農園」と違ってこのようなガラスの
柵が基本になっていて、風を防ぐと共に眺望への配慮が存分にさ
れていました。 (^_^)v
JR大阪駅風の広場06

そのために、隣接する北ヤードの日々の変化や淀川は勿論、遠景
では、北摂の山並みまでもが展望できます。
JR大阪駅風の広場02

フロアーの規模の割には、ベンチなどのファニチュアーも充実してい
るように見えますね・・・! (^_^)v
JR大阪駅風の広場12

下の写真は、同じフロアーの東寄り(ステーションシネマがある方)の
一コマですが・・・、

ここでもガラスの手摺が、訪れた人たちに気持ちの良い眺望を提供し
ていました。
JR大阪駅風の広場03
ただし、もう少しランドスケープのデザインで気を使って欲しかった点
をいくつか上げると・・・、

上の写真では、この通路幅では目立ってしまう雨水側溝の化粧蓋で
すかね・・・?
化粧蓋を使うことで景観に配慮したと考えるのは間違ってませんか?

下の写真で言うと、あまりにも安っぽいベンチのデザインですね!
JR大阪駅風の広場04

大阪の玄関口に計画されたプロジェクトですから、植栽地の周りも
コンクリートに塗装ではなく、もう少しクオリティーを上げてもらいた
かったですね・・・!

でも、何よりこのベンチのデザインで、石の使い方間違っていませ
んか・・・?

こんなに薄い石の側面をそのまま見せると、せっかく本来高級なイ
メージの磨かれた黒い石が台無しですよ・・・!

安直に座板としてコンクリートの上に載っけたとしか考えられない
代物ですね。 残念です! (^^;)




スポンサーサイト
 
コメントを投稿する
::この記事へのコメント::
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
::この記事へのトラックバック::
 
みんなで止めよう温暖化
 
ブログ内検索
 
ご訪問お待ちしておりました
 
リンク
 
メールはこちらから
 
PR
 
お薦めの書籍
 
スポンサーリンク
 
QRコード
 
ブロとも申請フォーム
 
RSSフィード
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。