日和の下駄で「ロハスな生活」
ロハスな生活にあこがれる人へ、日和の下駄で集めたタウンスケッチをヒントに「気づき」や「憩う」をテーマにした発信を続けています。
make the world a better place
--/--/--(--) --:--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 Trackback [x] |Comment [x]
 
これまでの2回の記事に興味を持たれた方に向けて、コメント欄に置いておくだけではやはり勿体ないと思ったので、諄いように思われるかもしれませんが、前回のブログにいただいたコメントを掲載したいと思います。
下記のコメントから、テレビのニュースなどでは伝えられていない電力事情の悲惨な状況を感じ取っていただき、私たちがやれること、やらないといけないこと、やってはいけないことなどを、考える切っ掛けにしていただければと思います。



通りすがりに何度も書き込むのは失礼かと思いますが、2点ほど訂正させてください。

被災地に電気を送るために節電しても、被災地には送れないから無意味だという意味で、仰るとおり節電自体が無意味とは私も思ってないです。
言葉が足りなくてすみません。

また、60万kwという数値は100万kwの間違いでした。
どちらにしても、現在関東ではピーク時の利用電力が約1000万kwほど不足していると言われているので、とても足りない状況です。

政治経済の中枢である東京は、計画停電に翻弄されて企業の活動もまともにできていない状態です。
そしてこれは推測ですが、月別の電力消費量が3月よりも遥かに多い夏場には、東電と政府の今後の対応次第では今よりももっと電力不足で混乱する恐れがあります。
ただでさえ、東北に生産拠点や倉庫などをもつ日本の主要企業の多くが大打撃を受けていると思われるのに、企業がろくに活動できない状態が長く続けば、被災地への継続的な支援は難しくなると思います。
本当に、これから日本は正念場を迎えると思います。
東日本にいる私もがんばります。
西日本のみなさんもがんばってください。

長文ですみません。
こんな最中なのに、民放のテレビ局はろくでもない放送しかしないし、節電やら毒ガスの雨が降るやら間違ったチェーンメールは回ってるし、そんなときにこちらのブログを見つけてしまったのでつい・・・。



通りすがりさん、ありがとうございました。<(_ _)>
スポンサーサイト
 
コメントを投稿する
::この記事へのコメント::
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
::この記事へのトラックバック::
 
みんなで止めよう温暖化
 
ブログ内検索
 
ご訪問お待ちしておりました
 
リンク
 
メールはこちらから
 
PR
 
お薦めの書籍
 
スポンサーリンク
 
QRコード
 
ブロとも申請フォーム
 
RSSフィード
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。