日和の下駄で「ロハスな生活」
ロハスな生活にあこがれる人へ、日和の下駄で集めたタウンスケッチをヒントに「気づき」や「憩う」をテーマにした発信を続けています。
make the world a better place
--/--/--(--) --:--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 Trackback [x] |Comment [x]
 
2010/03/17(水) 22:20:38

がんこ高瀬川二条苑 其の一

今日は、京都の二条にある「がんこ高瀬川二条苑」のlogを紹介し
たいと思います。

「がんこ」 とは、そう!がんこ寿司でもお馴染みの外食チェーンの
グループで、「がんこの屋敷」というブランドで展開している店舗の
一つが、今日紹介する「がんこ高瀬川二条苑」です。

この 「がんこの屋敷」 というブランドは、古いお屋敷を改装して日
本の伝統的な文化を残した佇まいの中で、日本料理を愉しめるよ
うにしたもので・・・、

だれもが身近なものとして、文化財級の施設を利用できるところが
素晴らしいと思いました。 (^_^)v

がんこ二条苑01


今回紹介している 「高瀬川二条苑」 は、以前に高瀬川を開削した
人物として紹介した安土桃山時代の豪商・角倉了以の別邸があっ
た場所で・・・、

明治初期に、山県有朋氏の別邸となった際に天才的庭師の七代目
小川治兵衛(植治)の手が入り作庭された庭は・・・、

現在 「高瀬川源流庭苑」 として公開されています。
がんこ二条苑02
鴨川から高瀬川に流れ込む豊富な水を存分に活かした庭苑は、
次回以降に紹介していきたいと思いますが・・・、

今回は、会席料理をいただいた、趣のある建物の中を案内したいと
思います。
がんこ二条苑03
見るからに細部まで手の込んだ和風建築なんですが、でも、この
部屋はテーブル席なんです・・・?

でも、それも納得と思ったのは、ここがんこ高瀬川二条苑には外国
からの団体のお客さん非常に多くこられていたんですね。
がんこ二条苑04
このような中坪も京都の風情をよく表現しているように思います。

がんこ二条苑05
少しばかり不自然さもありますが、日本の伝統を上手く外国からの
お客さんにプレゼンデーションできていることで、とても人気があ
るんでしょうね・・・! (^_^)v


この写真は、この日家内といただいた会席料理ですが、この内容で
2、000円でお釣りが来るリーズナブルさも、人気の秘密かもしれませ
んね・・・! (^_^)v
がんこ二条苑06

がんこ二条苑07

それでは、次回はここ 「がんこ高瀬川二条苑」 のもう一つの魅力
である高瀬川源流庭苑のlogを紹介していきたいと思います。

またのお運びをお待ちしています。 <(_ _)>

スポンサーサイト
 
コメントを投稿する
::この記事へのコメント::
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
::この記事へのトラックバック::
 
みんなで止めよう温暖化
 
ブログ内検索
 
ご訪問お待ちしておりました
 
リンク
 
メールはこちらから
 
PR
 
お薦めの書籍
 
スポンサーリンク
 
QRコード
 
ブロとも申請フォーム
 
RSSフィード
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。