FC2ブログ
日和の下駄で「ロハスな生活」
ロハスな生活にあこがれる人へ、日和の下駄で集めたタウンスケッチをヒントに「気づき」や「憩う」をテーマにした発信を続けています。
make the world a better place
--/--/--(--) --:--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 Trackback [x] |Comment [x]
 
今日は、信楽運動公園 に平成12年(2000年)に増設された 屋根
付き多目的スポーツ施設
を中心に信楽運動公園のlogを紹介して
いきたいと思います。

この施設は、半屋外の体育館のようなもので、やはり夜間の利用
も可能なように設計されています。

建築を担当されたのは、信楽の 県立陶芸の森 も担当された
辺設計
さんです。
信楽運動公園13

わたしが担当させてもらったのは、この施設周りや施設の増設に
伴う新たな駐車場やアプローチ道路周辺のランドスケープのデザ
インです。

また、土木や造園の世界では珍しいのですが・・・、設計だけでな
く、設計監理も浦辺設計さんと一緒に担当させていただきました。 
(^_^)v
この屋根付き多目的スポーツ施設 では、バレーボールやバトミ
ントンはもちろんですが、4つのコートで一つのボールを追っかけ
る 「ぽんぽこバレー」 というニュースポーツも大勢の町民の方
が楽しんでおられましたが・・・、その後はどうなんでしょうかね?
信楽運動公園11

また、駐車場の周りの細長い緑地帯も使ってターゲットバードゴ
ルフのコースの設定などもしました。

オープン前に一度コースを回ってみましたが、なかなかどうして面
白かったですよ・・・! (^_^)v
信楽運動公園07

また、信楽といえば豊かな森林に囲まれており、そのことも一因で
一時は紫香楽宮が造営されていたこともある土地柄です。

その後、都が平城京に移った後も東大寺の大仏建立のための品
質の良い木材や燃料となる木材を供給していたそうでが、それは
現在にも引き継がれています。
信楽運動公園04
そんな地域性ですから・・・・・、

もう気づいておられるかも知れませんが、この屋根付き多目的ス
ポーツ施設も地場の木材をふんだんに使用しています。

また、これらの休憩施設も勿論地場の木材を使用しています。
信楽運動公園05

この遊具も地場の木材でデザインしたものです。

最近はプラスチック製のカラフルな遊具に押されて、木製のこの
ような遊具はあまり見かけなくなってきましたね・・・! (^^;)
信楽運動公園10
でも、設置当初カラフルだったクレモナネットの色は褪せているも
のの木材の方は 7年 経った今もしっかりしていました。

とかくメンテナンスフリーが優先される昨今ですが、もちゃんと
乾燥して防腐処理をしてあげれば十分に長持ちする素材なのに
残念ですね・・・!

日にあたると暑くてさわれなくなるようなプラスチック製より、ほど
よい温かみのある木製の遊具を、住民(利用者)のことを本気で
考えたサービスとして採用していただきたいものですね・・・・・! 
<(_ _)>







スポンサーサイト
 
コメントを投稿する
::この記事へのコメント::
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
::この記事へのトラックバック::
 
みんなで止めよう温暖化
 
ブログ内検索
 
ご訪問お待ちしておりました
 
リンク
 
メールはこちらから
 
PR
 
お薦めの書籍
 
スポンサーリンク
 
QRコード
 
ブロとも申請フォーム
 
RSSフィード
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。