日和の下駄で「ロハスな生活」
ロハスな生活にあこがれる人へ、日和の下駄で集めたタウンスケッチをヒントに「気づき」や「憩う」をテーマにした発信を続けています。
make the world a better place
--/--/--(--) --:--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 Trackback [x] |Comment [x]
 
2009/08/08(土) 19:17:16

信楽の町歩き -後編-

今回紹介している「信楽 窯元散策路のwa」では、毎年4月頃
にイベントを行っているそうなんですが・・・、

その「窯元散策路の仲間たち展」は今年で4回目を迎えたそう
です。

また、そういった地元の動きに賛同して、信楽の排他的でない風
土に惹かれて、信楽に移り住んだ若い陶芸家が集った「信楽座
が開く「信楽ACT」も、期間や会場を合わせて開かれています。

昨年の5月には産経新聞でも取り上げられていたのでご存知の
方もいるかと思いますが、昨年は3日間で4000人の観光客が信
楽を訪れたそうですよ・・・・・! (^_^)v
信楽町歩き15
イベント期間中に信楽を訪ねなかったことを後悔しているのですが、
来年には甲賀市が主催する「信楽陶芸トリエンナーレ2010」も
予定されているそうです。

そこで甲賀市さんにお願いです・・・・・!  
願わくばここまで膨らんだ地域の芽を、大きく育てるようなイベント
に仕上げてください、お願いします。 <(_ _)>
前段が長くなってしまいましたが、今日は信楽の町歩きで見つけ
た「谷寛窯tanikangama」のlogを紹介したいと思います。

この窯では明治時代の師範学校の講堂を移築した建物をギャラ
リーとして開放されていて、下の写真がその入口です。
信楽町歩き16

なかなか趣のある展示スペースですね・・・! (^_^)v
信楽町歩き17

これは、古い家具を利用して作品の展示に活用されていたところ
を撮ったものです。

ものにはいろんな活かし方がありますね・・・・・! (^o^)
信楽町歩き18

次の写真は、昔使っていた重油窯をギャラリー空間として活用して
いる例ですが、他にも穴窯や塩窯、楽窯、炭窯、灯油窯、ガス窯、
オーク窯などがここにはあったそうです。
信楽町歩き19


信楽の町歩きの最後に、こういう信楽焼も面白いと思いませんか?

小さくて分からないかも知れませんが、一番上の箱にはタヌキさん
が居て窯元散策マップを配ってくれていました。
信楽町歩き20
室外機と隣り合わせなのは少し残念ですが、手作りのおもてなし
の 「こころ」 が素朴さの中にもよく現れていますね!

今日紹介した谷寛窯さんのホームページにはこちらからアクセス
できます。興味が湧いた方はこちらからどうぞ・・・!  谷寛窯HP



スポンサーサイト
 
コメントを投稿する
::この記事へのコメント::
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
::この記事へのトラックバック::
 
みんなで止めよう温暖化
 
ブログ内検索
 
ご訪問お待ちしておりました
 
リンク
 
メールはこちらから
 
PR
 
お薦めの書籍
 
スポンサーリンク
 
QRコード
 
ブロとも申請フォーム
 
RSSフィード
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。