日和の下駄で「ロハスな生活」
ロハスな生活にあこがれる人へ、日和の下駄で集めたタウンスケッチをヒントに「気づき」や「憩う」をテーマにした発信を続けています。
make the world a better place
--/--/--(--) --:--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 Trackback [x] |Comment [x]
 
今日は5月に旅した京都から、三条大橋のlogを紹介したいと思い
ます。
鴨川02

もちろん下を流れている川は「鴨川」ですね! (^_^)v

京都北区の山並みを水源に桂川に合流するまでの約31㎞の区間
が淀川水系の一級河川京都「鴨川」です。
鴨川03
今の様子を見ていると想像できませんが、古来から氾濫を繰り返す
暴れ川として知られていた鴨川では、1935年(昭和10年)に この三
条大橋も流失するような水害に見舞われたそうです。

そのため、河道が掘り下げられ、落差数十㎝程度の堰を多く持つ現
在の姿に1947年(昭和22年)に改修されたそうです。

鴨川と言えば、川床(かわゆか)ですね!納涼床とも言われます
が5月から9月頃まで二条から五条にかけて90軒ほどの店が川
の上に床を張りだしお客さんを迎えているそうです。
鴨川01

鴨川06

また、最初の写真にも写っているんですが、最近は三条大橋のた
もとに店を出すスターバックスでも川床でコーヒーをいただけるん
です。
鴨川07

鴨川05

日本の河川整備では、やたらとコンクリートで固めてしまう土木工
事が目に付きますが、この鴨川は治水と景観が上手くバランスさ
れているように思います。
鴨川04
その結果、多くの市民が豊かさを感じるオープンスペースが創出さ
れているんですね・・・! (^_^)v

スポンサーサイト
 
コメントを投稿する
::この記事へのコメント::
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
::この記事へのトラックバック::
 
みんなで止めよう温暖化
 
ブログ内検索
 
ご訪問お待ちしておりました
 
リンク
 
メールはこちらから
 
PR
 
お薦めの書籍
 
スポンサーリンク
 
QRコード
 
ブロとも申請フォーム
 
RSSフィード
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。