FC2ブログ
日和の下駄で「ロハスな生活」
ロハスな生活にあこがれる人へ、日和の下駄で集めたタウンスケッチをヒントに「気づき」や「憩う」をテーマにした発信を続けています。
make the world a better place
--/--/--(--) --:--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 Trackback [x] |Comment [x]
 
今日は奈良県の近鉄西大寺駅から徒歩で20分(バスもあります)
ぐらいのところにある法華寺門跡を紹介したいと思います。

奈良方面の打合せの帰りに立ち寄ったのですが、今ちょうど 「
史跡 名勝 庭園
」 の春季公開が6月9日までの間行われていて、

期間限定に弱いというか・・・、見所の杜若(カキツバタ)も、かろうじ
て見られるかなと思って立ち寄ってみました。
法華寺庭園01
↑ 花のピークは過ぎていますが、今の時期がこの庭の一番の見頃
   のようです。 (^_^)v

この法華寺門跡の「国史跡 名勝 庭園」 は、御所の庭を客殿と共
に移築したと伝えられる庭は・・・、

江戸時代前期の作庭で、国の名勝 (日本国が指定した芸術上ま
たは観賞上価値が高い文化財)に指定されています。
法華寺庭園02
↑ 背後の客殿は何度も建て替えられていると思いますが、この
   への字に曲がった土橋は当時の面影を伝えています。

残念ながら京都の庭ほど訪れる人が多くないせいか、客殿の柱な
ども傷んできているようです。

客殿などにも人を入れて利活用すれば、もっと建物も庭も生き生き
するように思うのですが・・・・・、

法華寺庭園03
もしかすると、国の史跡・名勝に指定してもらったためにいろいろと
お上からの制限がかかり自由に活用できなくなっているのかも知
れませんね! (^^;)


下の写真は、客殿から庭へと延びる飛び石ですが、大きさや石の
高さが少しずつ逓減(ていげん)していくような配置になっています。
法華寺庭園04

その先にある滝組などもなかなか味わい深いのですが、あと少し
植物の管理が行き届いていれば、京都の庭に負けず劣らぬ名園
として・・・・・、
法華寺庭園05
もっと多くの方の注目を浴びるのではないでしょうか・・・?

ちなみに、この庭園がある法華寺門跡は、平城宮跡の東側に位置
しています。 (^_^)v




スポンサーサイト
 
コメントを投稿する
::この記事へのコメント::
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
::この記事へのトラックバック::
 
みんなで止めよう温暖化
 
ブログ内検索
 
ご訪問お待ちしておりました
 
リンク
 
メールはこちらから
 
PR
 
お薦めの書籍
 
スポンサーリンク
 
QRコード
 
ブロとも申請フォーム
 
RSSフィード
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。