FC2ブログ
日和の下駄で「ロハスな生活」
ロハスな生活にあこがれる人へ、日和の下駄で集めたタウンスケッチをヒントに「気づき」や「憩う」をテーマにした発信を続けています。
make the world a better place
--/--/--(--) --:--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 Trackback [x] |Comment [x]
 
今日は、先日紹介した大阪市内の超高層タワーマンション 「ビオール
大阪 大手前タワー
」 の外部空間 (ランドスケープ) の続編をお届け
したいと思います。

この前の記事には、同じ視点から眺めるだけの庭では物足りないなど
とあまり良いことを書かなかったように思いますが・・・・・、
大手町タワー06
↑ エントランスより東側の店舗スペースを望む

今日は、少し良いな~と思ったところを紹介します。 (^_^)v

このビオール大阪大手町タワーには店舗スペースが当初から配置
されていて、LA・GRACE cafe と言うイタリアンカフェが1階に入っ
ています。

住民の方が、朝から美味しいコーヒーが飲めたり、時間を気にせず
イタリアンとワインが楽しめることが羨ましく思いました・・・。

でも、裏話を聞くと「ラグラースカフェ」は格安の賃料で入居していた
り、昼前にならないと店が開かなかったりで、一見住民の日常を豊
かにしてくれそうな施設なんですが、不満の声もあるようです・・・。
大手町タワー07

もう一つ感心したのは、南側の街路沿いの植栽計画なんです・・・。

街路に勾配があって、立ち上がった植栽スペースが段々に落ちて
いくことぐらいが特長の緑化スペースですが・・・、
大手町タワー08

下の写真のように、段で落ちる部分に一角だけ花のスペースが取ら
れていて、それらが効果的に花に飾られた街路を演出していました。
大手町タワー09

これらの一年草や球根類は、定期的に植え替えるなど手間がか
かるものですが、そのスペースを限定して管理コストを押さえなが
らも、花による演出効果を高めている良い例だと思いました・・・。 
大手町タワー10


スポンサーサイト
 
コメントを投稿する
::この記事へのコメント::
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
::この記事へのトラックバック::
 
みんなで止めよう温暖化
 
ブログ内検索
 
ご訪問お待ちしておりました
 
リンク
 
メールはこちらから
 
PR
 
お薦めの書籍
 
スポンサーリンク
 
QRコード
 
ブロとも申請フォーム
 
RSSフィード
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。