FC2ブログ
日和の下駄で「ロハスな生活」
ロハスな生活にあこがれる人へ、日和の下駄で集めたタウンスケッチをヒントに「気づき」や「憩う」をテーマにした発信を続けています。
make the world a better place
--/--/--(--) --:--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 Trackback [x] |Comment [x]
 
今日も大阪北区菅原地区の再開発ビル「ジーニス大阪」から、
外部空間(ランドスケープ)の話題を紹介したいと思います。

再開発ビルの外部空間は、四角い敷地に四角く建物を建てた残り
の空間というものが多く、頑張って緑を導入しても、街路樹的な緑
や建物際を装飾するようなものがほとんどですよね・・・! (^^;)
ジーニス大阪10
↑ 南西コーナー分の「みちひろば」

でも、ジーニス大阪の外部空間には、もう少し単純ではない空間
体験ができる装置が仕掛けれれている様に感じました。
ジーニス大阪11

ここでも先日も紹介したようなパーゴラが、上手く空間の多様性
を演出しているように思います。

その施設が落とす影もまた、良い味を出していますね! (^_^)v
ジーニス大阪12

この空間の膨らみは、街路と建物のズレがもたらした街のインター
フェイス(共用空間)で・・・・・、
ジーニス大阪13
再開発のボーナスに見合うほど十分な大きさだとは言えないかも
知れませんが、街とこの再開発を上手くつなぐ役割を果たしている
ように思いました。 (^_^)v

ただ、大阪市の街路樹はあまりにも貧弱ですね!

これだけ大きな再開発を認めてるんですから、どこも同じではなく
臨機応変に対応できたら、もっと大阪の街並みも良くなると思うの
ですが・・・・・! (^^;)
スポンサーサイト
 
コメントを投稿する
::この記事へのコメント::
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
::この記事へのトラックバック::
 
みんなで止めよう温暖化
 
ブログ内検索
 
ご訪問お待ちしておりました
 
リンク
 
メールはこちらから
 
PR
 
お薦めの書籍
 
スポンサーリンク
 
QRコード
 
ブロとも申請フォーム
 
RSSフィード
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。