fc2ブログ
日和の下駄で「ロハスな生活」
ロハスな生活にあこがれる人へ、日和の下駄で集めたタウンスケッチをヒントに「気づき」や「憩う」をテーマにした発信を続けています。
make the world a better place
今日は、前回に引き続き大阪市内の高層タワーマンションの外部
空間(ランドスケープ)を紹介したいと思います。

大阪環状線の玉造駅 (関西以外の方にはあまり聞き慣れない駅
名だと思いますが「たまつくり」と読みます)から徒歩3分、総合地
所さんが手掛けた 「プラネ・ルネ スプリングタワー大阪」 が今日紹介
するタウン・ウォッチングの現場です。
スプリングタワー01

エントランスの表情は、建物の外壁の色とは対照的に白を基調に
したシャープなイメージですね!
スプリングタワー02


この高層タワーマンションを取り上げようと思ったのは、ちょうどこ
の前を通りがかった時に、下の写真のようなフロントヤードの緑の
多さに惹かれたためです。
スプリングタワー04
メインの樹木はユリノキのようですが、葉張りが広がらないタイプ
‘ファスティギアータ’の品種を使っているようです。

その他にも、サクラやアカシアなどが通りに平行に植えられていて
植物がフロントヤードの主役になっているところが好印象ですね!
(^_^)v
スプリングタワー07
ただし、最後の詰めの部分で樹木の立ちや形状には少し不満が
残ります。 また、木立を映し込むように建てられた円柱形の柱も
少し頑張りすぎたように見えますね!

樹木以外の脇役には、タワーエントランスへの移動を退屈にしな
い下の写真のような工夫が見られますが・・・、
スプリングタワー05
エントランスへの軸が強すぎて、少し取って付けたような感じに見
えるのが気になりました。

主張し過ぎない「水景施設」なども日常の生活空間に潤いを持た
せるものと評価できると思いますが・・・、
スプリングタワー06
あと少しのバランス感覚で、もっと空間に多彩さを盛り込めたかも
知れませんね!

でも、先日紹介した「淀屋橋アップルタワーレジデンス」の外部空
間よりずいぶん良い外部空間だと、勿論生活される方にとって喜
んでもらえる外部空間(ランドスケープ)だと思いませんか?(^_^)v
スポンサーサイト



 
コメントを投稿する
::この記事へのコメント::
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
::この記事へのトラックバック::
 
みんなで止めよう温暖化
 
ブログ内検索
 
ご訪問お待ちしておりました
 
リンク
 
メールはこちらから
 
PR
 
お薦めの書籍
 
スポンサーリンク
 
QRコード
 
ブロとも申請フォーム
 
RSSフィード