fc2ブログ
日和の下駄で「ロハスな生活」
ロハスな生活にあこがれる人へ、日和の下駄で集めたタウンスケッチをヒントに「気づき」や「憩う」をテーマにした発信を続けています。
make the world a better place
今日は、奈良公園のlogを一時お休みして7月2日に訪れたなん
ばパークス
の 「now」をお届けしたいと思います。

4月22日に、なんばパークスの全館開業後の入場者数が、この
1年間で約 2,920万人だと言うことを紹介して以来となりますが、
その頃と比べると、植物の瑞々しさがずいぶん増してきたように
思います。

エンターの写真は、そんな植物の写真ではありませんが、8Fの
なんばパークスシネマのロビー階外装のガラスに映った不思議
なシーンの紹介からです。 (^o^)
パークス0702-19

今日はテーマを絞って、同じ8階のフロアーで見られる、とって
おきを案内します。

まずは、今月見頃を迎える「スイレン」と「ハス」が咲く、池を紹介
しましょう。
パークス0702-12
この写真のように9階部分から俯瞰してみるこのアングルもお
勧めです! (^_^)v

茎を水面から持ち上げて咲くのがハスで、水面に浮かんでい
るように咲くのがスイレンですね。
パークス0702-13

このスイレンの方が早く咲き始めますが、なんばパークスでは
7月から9月頃までスイレンやハスの花が楽しめるようです。
パークス0702-14

また、適切に密度が管理されたハス池(スイレン池)は、絵画
のようで美しいですよ!
パークス0702-15


次も8階のフロアーで見られた「ソテツ」などの新緑と言ってい
いのでしょうか? すごく生命感溢れる印象的な一コマです。
パークス0702-16

花だけでなく、この様な光景に出くわすのもなんばパークスの
大きな魅力ですね! (^_^)v
パークス0702-17

そのソテツの隣でもう一本、こちらは勉強不足で名前がわから
なっかったのですが、熱帯から来た植物でしょうか? 

やはり生命の躍動感を強く感じられた植物でした。
パークス0702-18

もう一日明日もなんばパークスから今見られる花の情報を、
お届けしたいと思います。

またのお運びお待ちしています。 <(_ _)>
スポンサーサイト



 
コメントを投稿する
::この記事へのコメント::
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
::この記事へのトラックバック::
 
みんなで止めよう温暖化
 
ブログ内検索
 
ご訪問お待ちしておりました
 
リンク
 
メールはこちらから
 
PR
 
お薦めの書籍
 
スポンサーリンク
 
QRコード
 
ブロとも申請フォーム
 
RSSフィード