fc2ブログ
日和の下駄で「ロハスな生活」
ロハスな生活にあこがれる人へ、日和の下駄で集めたタウンスケッチをヒントに「気づき」や「憩う」をテーマにした発信を続けています。
make the world a better place
今日も、昨日に続いて7月2日の日のなんばパークスから「今」
目を楽しませてくれる花などのlogをお届けしたいと思います。

なんばパークスの記事はこれまで何度も紹介していますが、最
近紹介した4月の頃より、植物の瑞々しさがずいぶん増してきた
ように思います。

パークス0702-02

写真では取り上げていませんが、シマトネリコのたくさんの白い
花や葉の繊細なジャカランダも植物の彩りに上手くコラボレート
していましたよ! (^_^)v
春に紹介した芽出しの色は、濃桃色でしたがその後黄白色を
経て今は緑色へと色彩豊かに変化した「チャンチン」の木です。
チャンチンの芽出しの記事

パークス0702-03

公園でもよく見かける「アガパンサス」(ブルー)や「ヤブカンゾウ
の花がちょうど開花の時期を迎えています。
パークス0702-04

もう花は終わりかけですが、大きな葉が特長の「アカンサス」も
存在感がありますね!
パークス0702-06

ミズアオイ科の「ポンテデリア」の花がもう咲き始めるんですね!
(^o^)

去年の11月19日の記事でも咲いていましたから、すごく長い
期間花が咲いていることになります。
パークス0702-11

ミズカンナ」、これも6月に奈良の矢田寺を訪れた時に見られ
た植物ですが、こんな風に花が見られるんですね!
パークス0702-08

ネムノキ」は夏の花としてよく知られていますが、やっぱり山で
見かけるものと比べると、こちらは少し元気がなさそう・・・!
パークス0702-09

リョウブ」も山の木ですから、花はきれいですが幹肌が自然の
ものに比べて、瑞々しさが無く乾燥肌の様相ですね!
パークス0702-10

この当たりは、都心のドライな環境 の中では仕方ないですね!

逆に、文句も言わず目を楽しませてくれている植物に敬意を評
したいところですね・・・! (^_^)v
スポンサーサイト



 
コメントを投稿する
::この記事へのコメント::
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
::この記事へのトラックバック::
 
みんなで止めよう温暖化
 
ブログ内検索
 
ご訪問お待ちしておりました
 
リンク
 
メールはこちらから
 
PR
 
お薦めの書籍
 
スポンサーリンク
 
QRコード
 
ブロとも申請フォーム
 
RSSフィード