fc2ブログ
日和の下駄で「ロハスな生活」
ロハスな生活にあこがれる人へ、日和の下駄で集めたタウンスケッチをヒントに「気づき」や「憩う」をテーマにした発信を続けています。
make the world a better place
今日からは、「かのや中央」の中心施設、箕面マーケットパーク・ヴィソラ
から専門店が並ぶEASTエリアを中心に紹介していきたいと思います。

南欧風の1階から3階までの建物やエル通りと呼ばれる歩行者専用道路
には、お客さんをもてなすいろんな仕掛けがあって、一日過ごしても飽き
ないような仕掛けが盛りだくさんです。

今日は、そのプロローグとして千里川沿いのファサードのlogをお届けした
いと思います。

かやの中央(WEST)01
↑ かやのさくら橋より「EAST-2」を望む
この写真を見て頂くと、通路から建物の間の引きはそんなに広くないことが
分かります。

でも、横に広がらない針葉樹を上手く使って、幅のない中にも豊かな色彩が
散りばめられおり、前庭の緑を美しく演出していますね!
かやの中央(WEST)04

建物への出入り口には、簡単な木製のゲートが設置されていて、
それがヒューマンな「庭」の雰囲気を演出し、お客さんと店舗との
距離感をぐっと近づけているように思います。
かやの中央(WEST)05

この様な出角入り角のある建物のファサードは、植栽の魅力との
相乗効果で人を惹きつける装置そのものになります。
かやの中央(WEST)06

建物の壁際に垂直緑化がされていたり、ほんとに狭い幅の中に
気持ちの良いランドスケープが展開したいます。
かやの中央(WEST)08

次は、少し視点が違いますが、EAST-2の建物には視線が抜け
る窓が開いています。
かやの中央(WEST)02

建物が一枚の壁にならないような工夫は、見ていて感じが良い
というか面白いですね!
かやの中央(WEST)03
私も、窓の向こうを歩く人を見て、何故か心がうきうきしてしまいま
したが、人を惹きつける商業施設を目指した、面白い試みだと思
いました。

それでは明日も「かやの中央」からヴィソラEASTに囲まれたエル
通り(歩行者専用道路)を見ていきたいと思います。
スポンサーサイト



 
コメントを投稿する
::この記事へのコメント::
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
::この記事へのトラックバック::
ロハス をサーチエンジンで検索しマッシュアップした情報を集めてみると…
2008/06/12(木) 21:15:03 | 気になるワードを詳しく検索!
 
みんなで止めよう温暖化
 
ブログ内検索
 
ご訪問お待ちしておりました
 
リンク
 
メールはこちらから
 
PR
 
お薦めの書籍
 
スポンサーリンク
 
QRコード
 
ブロとも申請フォーム
 
RSSフィード