fc2ブログ
日和の下駄で「ロハスな生活」
ロハスな生活にあこがれる人へ、日和の下駄で集めたタウンスケッチをヒントに「気づき」や「憩う」をテーマにした発信を続けています。
make the world a better place
今日は、かやの中央を流れる千里川の水辺整備のlogを紹介したいと思
います。

箕面マーケットパーク・ヴィソラの辺りは、特に水に近づけるように親水性
を高めた構造になっていますね!

護岸の石積みを出来るだけ低くして法面を作ることで、植栽できる場所を
確保していたり、河川敷や流れの底も土の部分を多く残して、いろんな生
物が成育できる環境になっています。
かやの中央(千里川)01

何十年に一度の水害に備え、川の断面積などが決められていますが、普
段は都心の貴重な緑地として、このように利用できた方が嬉しいですよね!
かやの中央(千里川)02

ここでエサを狙って佇むアオサギもそう言っているようです!
かやの中央(千里川)03


このような水生植物が水の浄化もしてくれるんですよ!

多くの生物が複雑に関わり合っていることの意味を説明するのは難しいで
すが、身近な生き物との関係に興味を持ち、気づくことから始める環境教育
のこのようなフィールドづくりは、やはり大切ではないでしょうか!
かやの中央(千里川)05


次の写真はヴィソラより少し上流の部分の様子ですが、キショウブクレソ
(オランダガラシ)の花が咲き誇り、護岸はともかく見事でした。
かやの中央(千里川)04
ちなみにクレソンは、肉料理の付け合わせやサラダ用に使われていますが、
明治のはじめに外国人用に軽井沢などで栽培されたものが、野生化し全国
に広がったそうです。


最後は、落下防止のための取って付けたような石を紹介して
おきましょう。
かやの中央(千里川)06
誰が見てもへんてこに見えると思うのですが、それでもやっぱ
り必要なんでしょうかね?   設置を決めたのは誰

スポンサーサイト



 
コメントを投稿する
::この記事へのコメント::
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
::この記事へのトラックバック::
環境教育 をサーチエンジンで検索しマッシュアップした情報を集めてみると…
2008/06/14(土) 06:09:21 | 気になるワードを詳しく検索!
 
みんなで止めよう温暖化
 
ブログ内検索
 
ご訪問お待ちしておりました
 
リンク
 
メールはこちらから
 
PR
 
お薦めの書籍
 
スポンサーリンク
 
QRコード
 
ブロとも申請フォーム
 
RSSフィード