fc2ブログ
日和の下駄で「ロハスな生活」
ロハスな生活にあこがれる人へ、日和の下駄で集めたタウンスケッチをヒントに「気づき」や「憩う」をテーマにした発信を続けています。
make the world a better place
なんばパークスの全館開業後の入場者数が、この1年間で約2,920万人
だと言うことは昨日の記事にも書きましたが、春めいていろいろな花が咲く
日和になり、訪れる人の顔もみなさんにこやかな顔に見えますね!
0422なんばパークス15
最上階(9F)のステップガーデン
このハナビシソウ(別名:カリフォルニアポピー)の花は、4月の中旬から5月
一杯楽しめます。
0422なんばパークス09

ツツジ類では、ヒラドやオオムラサキツツジ、サツキツツジ、クルメツツジ
などいろんな種類のツツジが身近な公園などにも植えれれていますが、
その中でも、花の色が最も鮮やかなのが、このキリシマツツジです。
0422なんばパークス03

湿性植物のコーナーは、今年の3月4日はこんな様子でしたが・・・。
0304なんばパークス01

4月22日には、もうこんなに成長していました。
0422なんばパークス17

植物が生長する「勢い」をすごく感じることが出来るこの季節は、花だけで
なくこの植物の「勢い」が、もう一つの見所ですね!
0422なんばパークス16

オモダカ科のウリカワ(瓜皮)という多年草の植物の花がもう咲き
始めています。
0422なんばパークス05

フトイやトクサ(砥ぐ草)も、この時期見ると全く違う植物のように
見えますね!
0422なんばパークス06

ちょっと興味を持って植物をみていると、いろんなことを発見することが出来ます。

毎日違った表情を見せてくれる植物に出会うことは、なんばパークスを訪れる楽
しみの一つではないでしょうか!
スポンサーサイト



 
コメントを投稿する
::この記事へのコメント::
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
::この記事へのトラックバック::
 
みんなで止めよう温暖化
 
ブログ内検索
 
ご訪問お待ちしておりました
 
リンク
 
メールはこちらから
 
PR
 
お薦めの書籍
 
スポンサーリンク
 
QRコード
 
ブロとも申請フォーム
 
RSSフィード